SHIMANO(シマノ)の渓流竿「天平 ZZ 硬調71」が気になる!今年は渓流のエサ釣りに挑戦します。

もうすぐ渓流解禁ですね。

今年は毎年通っている岐阜県飛騨川水系白川の年券を買おうかと思ってます。

そして今年はエサ釣りに挑戦してみたくなりました!

スポンサーリンク

今年は渓流のエサ釣りに挑戦してみようと思います!


ワタシがサカナ釣りを始めたのは海釣りでした。実家が海に近いということもあって自然の流れですね。

そのときは渓流釣りなんて一生縁がないだろうなーと思っていたけど25歳くらいの時、ふと渓流に行ってみたくなったんです。

人生、何が起こる変わりません。ほんと何の前触れもなく突然です。

はじめは見よう見まねでルアー釣りから始めて、なんとなくテンカラ釣りもかじり始め(フライは1年で挫折し)それからどっぷり渓流にはまってしまい。

DSC_8772

もちろん毛ばり作りにもはまり、自宅にはマテリアルだらけ。たぶん一生かかって使いきれるかどうかのレベル!そこまでいってしまったのでエサ釣りは一生やることはないだろうなーと思ってたんです。

でも「つり人」の今月号をよんで、急にエサ釣りをしたくなってしまったわけです。

この中で、長野県犀川のニジマス釣り記事があって。

そこでマグロの切り身をエサに釣ってる様子が載ってて、なんだかロマンがあるなーと無性にやりたくなりました!

大きな切り身なので、釣れるとしたら大きい魚に決まってます。

ちょうど白川の河口付近は大きなニジマスやアマゴがいるという噂を聞いてるので、そこをエサ釣りで攻めてみようかと!

SHIMANO(シマノ)の渓流竿「天平 ZZ 硬調71」が気になる!


白川といえば鮎釣りが有名ですよね。その河口ちかくはかなり流れが速いため、テンカラ釣りでは攻めにくいです。

しかし毎年シーズンになると、鮎仕掛けに尺越えのアマゴ、ニジマスがかかって釣りあげるのが大変!という鮎師の声を耳にします。

ということは!あの激流を長い竿で、大きなエサで狙えばモンスター級のやつが釣れるんではないかと予測。

しかし!ワタシはテンカラ用の3メートル前後の竿しかもってないので、専用の長い竿を導入しなければなりません。

そこで検討中なのがこれ

スペックはこんな感じ

  • 2Wayズーム:67-71
  • 全長(m):7.12
  • 継数(本):16
  • 仕舞寸法(cm):50.5
  • 自重(g):210
  • 先径/元径(mm):0.8/27.7
  • 適合水中糸(ナイロン・号):0.2~0.8

ズームもついてて、この長さならいけるかなーと思います。

それに知多半島でのサビキ釣りやフカセ釣りで小物釣りにも使えるかなーと。なので硬調(固めの竿のこと)を選択。

他にも気になる竿があるんですけど、価格帯とスペックから考えるとこの辺のものでも充分いける気がします。

なので近いうちに近くのイシグロに行ってこようと思います。やはりネットで見るのと実際触れるのとでは全然違いますからね!

もしかしたら他にも気になるのが見つかるかもしれませんし。

いやー、やっぱり欲しいモノがあるときは手に入れるまでの悩む時間が一番楽しいですね!

関連記事