やっぱりタモは必需品!TAKA産業の「1ピース ラバーネット」を導入しました!

サカナ釣りに必須の道具といえばタモ。

大物がかかったときにお世話になる、とっても大切なものです。

ところがワタシ、つい最近までタモを持たずにサカナ釣りに行っていたんです。ちょうど去年引越ししたときにアミの部分だけ処分してしまったんです(あまり気に入ってなかったから!)。
すぐに新しいものを買おうといろいろ探してたんですけど「これだ!」と惹かれるものがなくて、結局昨シーズンはタモなしだったんです。

で、ようやく理想的なタモをみつけたのでさっそく買ってきました!

スポンサーリンク

TAKA産業の「1ピース ラバーネット」を導入しました!

なかなか理想的なタモが見つからないなーと思っていたら、近所のイシグロに売ってました!

TAKA産業の「1ピースラバーネット」です。

小学生の時にサカナ釣りを始めてから、タモ網といえば4つ折りタイプのものを使っていたんですけどそろそろ1ピースタイプが欲しい気分でした。
でもシマノとかのだと直径が大きいものしかないし、できるだけコンパクトに道具をまとめたいので30cmのこれはまさに理想的。
しかもラバーネットということで、サカナに余計な負担をかけない(らしい)のでリリースするのにもぴったりです!

もともとタモの柄は持っていたのでさっそく装着してみました!

DSC_0048

ピシッとネットが広がって、サカナをすくいやすそうです。

ちなみにタモの柄は4.5メートルを愛用中。

DSC_0050

穴の大きさもほどよく細かくて、万が一ウキや小物を海に落とした場合でも拾いやすいです。

DSC_0049

ジョイント部分。

最近は角度を調整できるジョイントがはやっているようですが(使わない時にはアミの部分を180度たたんで収納できる)、個人的にタモはやはりこの王道スタイルが好みです。

SPONSORLINK


そもそもタモってなに?どんなのがいいの?

タモとはサカナをすくうアミのことです。そのまんまですが!

構造的にはタモの「柄」と「網」の部分に分かれており、それなりの機能のものでしたら別々で購入することになります。
ワタシのも例に漏れず、タモの網だけがなかったので今回このネットを買いました。

これは1ピースタイプといって折りたたむことができないのですが、コンパクトにまとめたいなら4つ折りタイプもありますので、そのへんはお好みで選んでもいいと思います。

個人的には4つ折りだと強度の面で不安が残ります。とはいえ現代の技術をもってすればよほどの粗悪品でなければ簡単に壊れることはないと思います。見た目と使い勝手で選んでOKです。

それに柄にも仕舞寸法が長いもの、短いものの2パターンがあります。
ワタシは断然!長い方派です。安定感が違いますし、タモを伸ばしやすいです。

短いものも良いんですけど、海面に対する角度がない釣り場(水面に近い場所)では少々伸ばしにくいです!これもそれなりのグレードのものを使えばあまり気にならないんでしょうけど、やはり気になる部分ではありますねー。ただ、携帯性でいえば短いに越したことはありません!

長い柄をワタシが選ぶ理由はもうひとつあります。

それは、磯竿の保護役になるという点。ワタシは釣竿の持ち運びにロッドケースは使いません。代わりにタモの柄にマジックベルトで竿をくくりつけ、衝撃を緩和する役目として使っています。自分では大切に持ち運んでるから大丈夫と過信してしまうことが多いんですけど、どんなに気を付けていてもそのときは突然やってきます。できるだけ竿を保護できる体制で持ち運ぶことをおすすめします。

長さは?

4.5メートルを愛用してます。一般的には5.4メートルがオールマイティに使えていいのですが、ワタシがいく釣り場では4.5メートルあればほぼ事足りるので。できるだけ軽量化を考えて4.5メートルです。

つまり、よく行く釣り場に合わせて長さを決めたほうがいいですよー。そしてできるだけ軽いものを。重たいタモは、すごーく使いにくいです。

アミの直径は?

30センチを買いました!釣りしてる人からすると小さい!と思われそうですが、基本的に体高が30センチ以上あるサカナは知多半島の堤防からは釣れないので、ちょうどいいと思います。

1ピースでできるだけ軽く、持ち運びたいので30センチを選択しました。

ちなみに一般的なアミのサイズは直径が40~45センチくらいでしょうか。この辺を目安にしておけば間違いはないと思います。

これでようやく海釣りに使う道具がそろいました!そろそろ常滑あたりでもサカナの動きが出てきたようなので早く行きたいです。
でも張り切ってタモをもってサカナ釣りにいくと釣れないんですよねー、殺気が伝わるんでしょうかね??


by
釣り道具選びでいつも失敗を繰り返してはいませんか?
釣りを始めたはいいけど周りに詳しい人はいないし、釣具屋さんに行っても結局いつも悩んで買わずに店を後にする、、 なんて釣り初心者の方に向けた、失敗しにくい釣具選びのリンク集を作りました。
関連記事