2016年買って(使って)みて良かったモノ7選!(釣具編)

2016年は、ここ数年でもっとも釣行回数が多い年となりました。

回数が増えるとそれだけ釣り道具に触れる機会が多くなり「これは使いやすいなー、コレはやっぱダメだなー」というのが実体験として蓄積されてきます。

釣り道具もできるだけシンプルに、というのを意識しているんですけどシンプルすぎても不便さを感じるし、かといって釣具マル出し!メーカーのロゴがドーン!という上位機種を使うのも恥ずかしい。

そんな中でも過不足なく釣りに集中できて、かつ機能的、シンプルな釣り道具を揃えるべく、こつこつと色んな道具を懲りずに試して行こうと思います。

それでは2016年、買って、使ってよかった釣り道具7選をお送りします。

スポンサーリンク

メイホウ シャクホルダー


マキエを撒くときに使う「ヒシャク」をスタンバイさせておくホルダー。
一時期フカセ釣りの道具を極限まで少なくしたことがあって、その時に以前使ってたホルダーも処分したのです。
ですが、フカセ釣りの頻度が高まってきた今年、その重要さを改めて思い知りました。
ホルダーに水を入れておくことでマキエがヒシャクにこびりつかず、エサ離れがよくなり思い通りにマキエをコントロールできます。
ほんとは真っ白のが欲しいんですが、それだとメーカーロゴが入ってるのしかなくて、、。
「タックルボックスなら、メイホウ」でお馴染みの(ちょっと古い)メイホウ製のこちらを使っています。
これのおかげで50mは余裕で遠投できるようになりました。

 

プロマリン EVA マルチバッカン(フタ・ベルト付)


フカセ釣りをやると、どうしても細かい道具が多く必要となってきます。
それに釣具以外にもカメラやコーヒーグッズも持参するので、できるだけまとめて持ち運びできるバッグを探していました。
これはちょうど大きすぎず小さすぎず、良いサイズ。
釣り以外のアウトドアメーカーでもデザインが気になるものはあったのですが、やはり釣り道具の方が塩分に強い、防水性も優れている、という点が大きなメリットなので、釣具メーカーで探していました。そしてコレがジャスト!
有名メーカーのものもあるのですが、ロゴの入り方がアレなのでプロマリンを選びました。
カラーも白っていうのがいいですね。
来年もガンガン活躍してくれるでしょう。

DUEL HDカーボン プロ


テトラで釣りをすることが多くなり、ハリスはナイロンよりもフロロに変更しました。
で、たまたまイシグロで見かけたこちらのハリス。とにかく安い!しかも100m。
それに「HDカーボン」ブランド(小学生の時、無理して買ったHDカーボン、HDソリッドを大事に使ってた!)なのでそれなりのモノだろうと即買い。
問題なくクロダイも釣れました!

関連記事
【2016年12月】知多半島・鬼崎漁港でクロダイ調査!この時期でも釣れるのか?→釣れました!

 

ヒシャク用ロープ


こちらもフカセ釣りには欠かせない!
もちろんこれも1回処分したのですが、再び買いなおし組。
なにげに高価なヒシャク、海に落として後悔しないように是非とも揃えておきたい1品です。

 

マルキュー 荒びきさなぎ


今年はクロダイのフカセ釣りをやることが多かったので、マキエのブレンドをあれこれ試してみました。
で、これが入ってるのとそうでないのとでは釣果に差が出たような気がします。
というわけでランクイン。
どうせ買うなら徳用がオススメ。

 

ミライト


これ、つい最近買ったばかりなのでまだ使っていません。
が!絶対いいやつ!
今年はついに半夜釣りを解禁したのですが、ケミホタルだと暗くて遠投したらウキが見えないんですねー。
これはケミホタルとほぼ同じサイズですが、LED発光しますので超明るい!しかもスイッチのON/OFFもできる!
暗い部屋で試したらその差は歴然。
しかも30時間発光するタイプもあるのでかなりコスパも良いです。来年は夜釣りの回数も増えそうです。
(ちなみにプラモデルのカスタムにも使える人気モノらしい)

シマノ ボーダレス


今年買ったものではありませんが、今年の海釣りで一番使った竿。
繊細な磯竿もいいけど、これくらいラフに、しかもオールラウンドに使えるロッドは素晴らしい!
ルアーでもフカセでも、ブッコミでもOK。しかも性能は今年いろいろ試してみてかなり信頼できることが証明されましたー。
もう一本、予備で購入しようか検討中です。

関連記事
2016年11月:鬼崎漁港チヌ狙い!今年の海釣り納めです。カレイも釣れてた!
2016年初釣りは毛ばりでメバル!@伊東市のホテル「風の薫」前波止場

こんな感じでまとめてみました。

ワタシは高級道具よりもデザイン、性能を優先して導入しているので決して値段が高いものを使っているわけではありません。

来年もより良い道具を求めて、そしてよりシンプルなラインナップにできるよう楽しんでみようと思います。

関連記事