オウサツキッチン0032でレインボーところてんサイダーをいただいてきました/鳥羽市相差町

タイトルの通りなのですが、カタカナひらがな数字ミックスで良く分かりにくいですよね?

少し前に三重県鳥羽市に行く用事がありまして、そのついでに相差町の「オウサツキッチン0032」というカフェに立ち寄り、そこの人気メニューである「レインボーところてんサイダー」を飲みました、という内容です。

神明神社という、女性の願いを1つだけ叶えてくれる石神さんの参道途中にあって、ちょっと気になる、ということでフラッと寄り道。

奥様は以前TVでみたことがあったらしく(有名らしい?)、雑魚を使ったザコフライが人気みたい。ちなみにいくら高級魚でもまとまった数が獲れないと出荷できずに雑魚扱いになってしまうんですって、、、そんなもったいないを有効活用してるらしい!

気になったけど朝ごはん食べたばかりだったし、前日の嵐がウソのようにやたら気温が上がってるしで今回はパス。また次の機会にという事で。代わりに頼んだのが「レインボーところてんサイダー」。

ワタシはぶどう、奥様はいちごを。サイダー自体はほんのり甘くて昔ながらの味(良くかき混ぜて!)。ところてんは甘くなくて、食感というか、吸った感じも固めのゼリーっぽくてクセになりそう。

ちょっと太めのストローで問題なく吸い上げ可能。タピオカよりは罪悪感少なくて良いですね。娘には食感がどうも合わなかったらしく一口飲んで「いらない、、」と。まぁ、ところてんというか、寒天的な食感はちびっこにはまだ早いですよね、ワタシも苦手だったし。。

カフェイン不足の奥様はついでにカフェラテも。鳥羽のカフェMUSEA監修らしく、そういえば前日に鳥羽水族館の入り口で利用したのがMUSEAだった!偶然。

ほんのり酸味がかったラテの味。苦みが嫌いな人でも飲みやすくて今どきですね~。

イートインスペースもありましたが、天気が良いので外のベンチで小休止。が、娘が早く行こうと急かすので一気に飲み干します。

あと少し!ここから吸い尽くすのがたいへん!!

そんな感じで超短時間でしたが相差の海女さん文化を少しだけ体感できてよい時間を過ごせました~。

駐車場はお店すぐ近くの海女文化資料館前に無料で用意されているので便利ですね。名古屋からも、一日かけてドライブの目的地にするのにちょうど良い距離かも。海も近いし釣り人にもおすすめです。

オウサツキッチン0032>>

※関連記事:三重・紀北町/cafe&brocante 余白yohakuに行ってきました

※関連記事:三重・四日市で良いカフェ見つけましたよ!BROOK CAFE~ブルックカフェ~

by
関連記事