【名古屋・瑞穂区】菓匠「花桔梗」でおいしい和菓子と抹茶を楽しむ!

瑞穂区にある和菓子屋さん「花桔梗(本店)」に行ってきました!

予想以上におしゃれなお店で、外観はまるでパン屋さんのよう。だけども和菓子屋さんというところがたまりません。

しかもテイクアウトだけかと思ったら、なんと店内でお茶もできた!

おいしそうな蕨餅もあったりで、県外の人への手土産買うならココで決まりですね!

スポンサーリンク

まるでパン屋さんのような外観

車で走りながらお店を探してましたが、なかなか見つからないなー、と。

たしかにナビだとすぐそこなんですけど、それらしき建物が見当たらない、、、と思ったらいきなり現れた!

24mmだと建物全体が入りきらない、、。

和菓子屋さんなので木造平屋建てをイメージしてたんですが、良い意味で予想を裏切ってくれた!

駐車場はお店の前にあります、ちょっと狭いのでお気を付けて。

それではさっそく店内へ。

店内もおしゃれですね、和菓子屋さんじゃないみたい。

こんな釣具屋さんがあったらいいなー。

天井も高くて広々。

カエルを発見。

店内でお茶もできる

店に入るなり、奥様がイートインスペースを発見!

予定にはありませんでしたが、ゆっくりしていくことに。

基本的には和菓子にお抹茶のセットになるみたい。

和菓子は先にショーケース側で選びます。

ほどなく登場。

ワタシは「よもぎ餅」をチョイス。

草餅系が美味しいお店はハズレがない気がします。

で、もちろんうまい!

お餅が柔らかくてたまりません。

奥様は欲張って2個注文。

まずは蕨餅。

(蕨=わらび)

名古屋に住んでるとわらび餅を食べる機会が多いのですが(夏になると焼きいも屋さんみたいに売りに来る)。

これはあんこ入りでめずらしい。

しかも口にいれたらすぐ溶ける。

アイスは溶けたらくやしいけど、和菓子なら許せる不思議。

もう1個は「春を待つ」。

「春を待つ」が商品名です。

柔らかな色合いのきんとん製。

やはり和菓子はみためを楽しまないと。

で、こちらが見慣れないお菓子。

「寒氷」

寒天を溶かして固め、特別な方法で干し、固めているんだそう。

外側は薄い飴細工のような食感で、中は寒天。

クセになりそう、、。

そしてこのごろ抹茶をよく飲んでいる気がする。

お土産も

そうそう、今回の目的は「いちご餅」だった。

ということで持ち帰りの和菓子もゆっくり選びます。

箱もおしゃれ。

ちょっとしたお使い物にも良いですね。

中でも気になったのが甘納豆。

芋と栗の珍しいやつ!

あと気になったのが「あんトースト最中」。

最中とあんが別々になってて、自分で完成させて食べるらしい。

こんなのお中元にもらったら嬉しいですね。

名古屋らしいし、喜ばれそう。

で、調べてみたら花桔梗のあんトースト最中はかなり人気らしいですね!

テイクアウトも

ワタシは大好きな桜餅、奥様はフルーツ餅のいちごをお買い上げ。

抹茶も良いけど和菓子にはコーヒーも合いますねー。

まとめ

花桔梗を知ったのが、三越栄店の地下でお店を見かけたのがきっかけ。

ぐうぜん通りかかって急におしゃれなお店が現れて、いったい何ていうお店だろう?と気になり店名を調べ。

WEBサイトも良い感じだったので本店にも行ってみよう!ということになったのですが大当たりだった!

最近よいお店に当たる確率が上がってきて嬉しいです。

そいいえば近所のおじさまが手ぶらでお菓子買いに来てたのも、なんだか良い光景だったなー。ザ・地元密着。

スポンサーリンク

「菓匠 花桔梗」の詳細情報・営業時間・定休日・アクセスマップなど

※営業時間・定休日等はWEBサイトでチェックできます→菓匠 花桔梗

※お店までのアクセス→グーグルマップで「菓匠 花桔梗(本店)」の場所をチェックする

▼まとめ記事もよくチェックされています!

【保存版】長久手・名古屋周辺のおすすめランチ・カフェ・パン屋さん記事まとめ!(随時更新)

※お出かけ前に公式サイト等で最新情報をチェックしてください

関連記事